読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常最適化の計画

今日より明日。生きる知恵を蓄えていくための、ただの雑記です。

ゲーム離れ。どうやら大人の階段を登った様です。

【スポンサーリンク】

スーファミ、プレステ世代として平均的なゲームライフを送ってまいりまが、

ふとここ数年を振り返ってみるとゲームをしていないことに気づくのです。

 

祖母の家にあったファミコンを発掘し、初めて手に取ったゲームソフトが

ゴルフ」(渋い)

 

 

ゴルフ

 


小学生の頃には初代ポケモンのビッグウェーブに乗り遅れることなくゲームボーイ片手にサッカーをするという荒業を行いました。

 

中学校に入学し、入学当初は「可も無く不可もない、どこから見ても真っ平な成績」であった私が勉強に精を出すきっかけとなったのもゲームでした。

当時、据え置き型ゲーム機の人気筆頭は「プレイステーション(byそにー)」でしたが、ゲームの類などポンポン買ってくれる家庭の子ではなく、ましてや本体価格が高価(2万~3万の価格帯だったっけ)であったため、

「買ってくれるはずのないもの」と認識しており自らねだることもありませんでした。

しかしある日、何を思ったか母親が「定期テストで学年10位以内に入ったらプレステ買ってやんよ(笑)」という条件を提案してきたのです!

当然私は快諾し、「まんまと母親の戦略に嵌ろうが、ゲーム機さえ手に入れば何も問題無い。」と紳士に学習机と向き合い続けた結果。。。。

無事プレステ勝ち得ました。

(ちなみに初めて買ったソフトは「ザ・コンビニ2」。)

しばらくはワクワクそわそわで、早朝に起きては小一時間プレイして登校するのが日課となりました。

 

高校生の頃は、「スマブラ」やら「007」やらニンテンドウ64界隈が賑わっていましたが、アウトローな私は何故か再びスーファミに立ち返り「風来のシレン」に打ち込みました。

大学の頃は、さらに過去に遡りファミコンスーパーマリオブラザーズ」のシリーズを1から順に一個ずつクリアしていくなど、もはや自分でも理解不能な事象に陥っていました。(相当に暇だったんだろうなぁ。)

 

 

スーパーマリオブラザーズ3

 


 

その様な私も無事社会人となり、さずがに学生の頃のような自由な時間は限られてくるため、ゲームに割く時間こそ短くはなりましたがPSPプレステ2などのゲーム機はとりあえず買い揃えて休日等思い立ったタイミングでちょいちょい遊んではいたものです。

ゲーム機のみでなくスマホアプリのゲームを寝る前にプレイしだし、地味に睡眠時間が削られる日を幾度と無く経験してきました。

 

しかし、最近はゲームをしない。しても続かない。

何故だっ!と。

 

考えうる要因としては、

「一つの物事にさほど執着しなくなった」

広い意味でゲームに限らずではあるのですが、ゲームをプレイし続ける中での最終目標はやはり「ゲームクリア」であるとは思うのですが(自由度の高い終わりの無いタイプのやつは除いて)

クリアに到達せずとも「一時楽しめればいいや」「リフレッシュできればおK」と躍起になって取り組むことが無くなったのが一つ感じているところです。

 

もう一つは、

「打算的になった」

一端の社会人ともなると色々考えて行動するのは当然とも言えますが、その傾向は社会経験を積むにつれて増し、趣味や娯楽に対しても少なからず損得勘定を持ち込んでしまいがちです。

ゲームをするにも時間を使うので「ゲームする2時間あればアレができるよね」とか、「これが出来て何になるのさ。もっと身になる事をやるべきでは」等の考えがチラつき昔のように、純粋に楽しむことが出来なくなっている気がします。

 

悲しいかな、これも大人へのステップと捉えて良いのでしょうか。

はたまた、ただ余裕の無い人の言い分でしょうか(笑)。

前者であってほしいものです。

広告を非表示にする